やって良かった!フォトウェディングの良いところ3つ!


フォトウェディングとは?

フォトウェディングとは簡単に言うと結婚式で着るような衣装で写真を撮ることを指します。最近では工夫の凝らされた演出によりアート性の高いものや、幸せいっぱいの2人のラフな姿を写真として残すことにも人気が集まっているようです。ウェディングドレスやタキシードに限らず、アロハシャツやコスプレのような衣装にすることで、2人の趣味を表した思い出深い写真を残すことが出来るようです。

やって良かった点その1:思い出として形にして残せる

結婚式自体をせずにフォトウェディングのみで思い出を作るカップルもいれば、式とフォトウェディングのどちらも行うカップルとがあるようですが、どちらにしても結婚という大きな節目のタイミングでプロによる写真が残せるというのは嬉しいですよね。いつしかアツアツだった新婚生活は落ち着いた夫婦の生活へと形を変えていくものですが、初々しい2人の幸せそうな写真が記念にあると「こんな時もあった」と懐かしく思えるでしょう。

やって良かった点その2:プロのメイクを体験できる

普段の生活ではなかなかプロにヘアメイクをお願いすることはありませんが、フォトウェディングではほとんどの場合メイクからヘアセットまで、しっかりとスタイリストが仕上げてくれます。丁寧にメイクしてもらえるため、気分も上がること間違いなしです。どんなスタイルにしたいか、写真など具体的にわかりやすい形で希望を伝えられると良いですね。

やって良かった点その3:結婚式の予行演習にもなる

式とフォトウェディングのどちらも行う場合、式の前にドレスやメイクの体験が出来るため、大勢の人の前に立つ結婚式のための具体的な作戦を立てることが出来ます。フォトウェディングの際にある程度試着して似合うドレスの種類なども考えられるため、結婚式のためのドレス選びもイメージが湧きやすく、楽になるかもしれませんね。

高いお金を払った披露宴や結婚式で来客に気を遣い疲れるより、ふたりだけの世界を詰めこんで記念にできるフォトウェディング。好きな場所やシーンを選び、グラビアの1ページのように素晴らしい写真を残せます。