結婚式をどの季節に行うかは大事!!真夏や真冬なら式場選びの配慮も必要!!


着物の出席者が多いならいつに行うか

男性の正装と言えばスーツの他モーニングなどがあります。あまり和装をする人はいません。一方女性はドレスの他着物を着る人は結構いて、高齢の親せきなどが冠婚葬祭に出席するときによく見られます。もし出席者に着物を着る人が多いのであれば、結婚式においてはそれが負担にならない季節がいいかも知れません。夏は非常に暑く着物だとかなり大変になりますし、真冬だとあまり寒すぎるので着物は洋服に比べると温度調整がしにくいかも知れません。友人などドレスの出席者が多いのであれば特に季節にこだわる必要はないでしょうが、着物を着る人が多くなりそうであれば多少は配慮した方がいいでしょう。結婚式場においても着替えなどの準備ができるところを用意しないといけません。

真夏や真冬に行いたいとき

結婚式のベストシーズンとして知られるのが秋や春で、10月から11月であったり5月などに挙げるカップルが多いようです。6月は梅雨のために意外に少なく、さらに真夏である8月や真冬の1月なども挙げる人は少なくなります。8月や1月はその分結婚式場もいろいろなキャンペーンを行うため、安くできたりサービスを追加してくれたりメリットもそれなりにあります。結婚式をする側にとっては安くなるなどのメリットがありますが、出席する側からすると大変な季節になりそれを理由に出席を断られる可能性もあります。どうしても真夏や真冬に行おうとするならそれを考慮した結婚式場選びが必要になるでしょう。駅や飛行場からの移動が少ないところを選べば出席者の負担を減らせます。

奈良の結婚式場は有名な神社などで挙式ができます。前撮りプランとのセットもありいい記念撮影が実現します。